医療設備のご案内

CT Veraviewepocs 3Df

CTとはComputed Tomography(コンピューテッド トモグラフィー)の頭文字をとったもので、コンピュータを使ってデータ処理、画像再構成をおこない、断層写真をみることができる装置です。
平面の診断しかできなかった以前のパノラマX線写真や口内法X線撮影法とは異なり、歯科用CTでは三次元の立体画像で診断することができるため、顎の内部構造や、上顎洞(上あごの骨の空洞)の形態や粘膜の状態、病巣などを立体画像で確認でき、インプラントだけでなく、歯周病や顎関節症の診断、矯正、根管治療(歯の神経の治療)など、幅広く歯科治療に応用することができます。また正確な審査・診断により、治療の安全性を高めることもできます。

マイクロスコープ

マイクロスコープとは、口の中を拡大して見ることのできる顕微鏡のことです。この度当院に、そのマイクロスコープが導入されましたので有用性についてお伝えします。
口の中は暗くて狭く、人の目で見る範囲には限界があります。特に精度が必要な治療において経験や感覚に頼らなくてはなりませんでした。マイクロスコープにはLEDライトがついており、お口の中を明るく照らし、高倍率なレンズでお口の中の細かいところまで確認できるようになります。

マイクロスコープを使う利点

  • 歯の神経の治療で、見づらかった感染源や異物の除去がより正確になる。
  • 虫歯の治療で、虫歯の取り残し、健康な歯の削り過ぎがなくなる。
  • これまで見ることの出来なかった歯の小さな亀裂などを見つけることで正確な診断が可能となり、治療の精度が上がる。
  • 無理のない姿勢で術者は治療がしやすくなることで、患者様に常に良好な状態で治療に臨むことができる。などがあります。

SEC1-0

当院では根管治療をSEC1-0という機器を使っています。この機器は、狭い口腔内で手を使って行うことが大変な根管治療を容易にし、患者様への負担を減らすことを可能にしています。根管内を拡大する際に必要な上下動を、手指での動きを模倣して行い、複雑な形態の根管に対しては、ヘッド部が自由に回転する機構があるので、湾曲した方向に追従することができます。治療においてまず行うことの多い根管治療を重要視している当院にとって、欠かすことのできない機器の一つとなっています。

滅菌

コンパクトなボディで給水から完了まで全自動で行えます。給水→加熱→滅菌→自然冷却を約14分で行え、急な滅菌を必要とする場合にもすぐに対応できます。
(水温が上昇している2回目以降は約10分で処理)121℃、135℃の滅菌温度が選択できます。

プラークアタッカー

プラークアタッカーは3代目院長が開発した平野歯科医院オリジナルの歯ブラシです。この歯ブラシは誰もが自然に、効果的にブラッシングができるように考えられております。
患者様一人一人の口腔内は異なっているため、H(かため)、M(ふつう)、S(やわらかめ)、SS(極やわらかめ)、J(ジュニア用)、JH(かため)、JL(ふつう)、JP(やわらかめ)の8種類がありますので、歯科医師や歯科衛生士にお気軽にお尋ねください。

ペリオテスト(歯周病チェック)

歯の動揺度を調べることで、歯周病の度合いを調べることができます。また、インプラント治療の定着度を測るためにも使用します

ペリオウェーブ

光殺菌(PDT)による最新の歯周病菌殺菌システムです。
バイオジェルで細菌を染色し、無熱の赤色光と化学反応させる事で活性酸素を発生させ細菌を死滅させます。
インプラント周囲炎に対しても効果的で現在世界が注目している最先端の光殺菌技術です。

ペン型半導体レーザー iLase(アイレーズ)

コンパクトなレーザーメスで、半導体レーザーは従来の電気メスと異なり、治療の痛みも少なく、ほとんど麻酔が必要ありません。出血や振動も少なく抑えることができるため、患者様にやさしい治療ができます。また、傷の回復も電気メスより格段に早くなります。

P−MAX

歯周病治療、根管治療に特化した超音波スケーラーです。汚れを除去するだけではなく、振動と共に発生するイリゲーション効果により、歯周病菌などの菌塊をバラバラにし効果的に殺菌します。

PUK D2 アークウェルダー

アーク溶接技術を利用して金属同士をつなぎ合わせる溶接器械で、金属の金具や矯正装置の金属部分を加工修理するのに使用します。
金具部の修理が必要な場合、即修理ができお返しすることができます。

ページトップへ