矯正治療(機能矯正治療・噛み合わせ治療) 成人矯正

綺麗な歯並びで

歯並びの悩み

下記のようなお悩みを抱えている方・歯並びコンプレックスをお持ちの方へ
  • 出っ歯、前歯が出ている
  • 受け口、しゃくれ
  • すきっぱ、歯のすき間
  • 八重歯、がたがた
院長のワンポイントアドバイス

大人の歯列矯正の大きな目的は、審美的な面での改善とかみ合わせの改善の2点があります。自分の意志で、歯列矯正治療に望むため、大人の歯列矯正治療は、歯磨きや装置の手入れなどにも気を配ることができ、口腔内が良い状態で、効率的に治療が進むことも多いです。

キレイな歯並びとは

  • (1)上顎の前歯が下顎の前歯3分の1から4分の1を覆っている。(図1参照)
    (2)上下の前歯の真ん中の線が一致している。(図1参照)

  • (3)鼻と顎の先端を結ぶ線に唇が軽く接する。(図2参照)

歯並びが綺麗になるメリットは見た目だけではありません。

ムシ歯・歯周病予防もしやすくなり、健康な体を作る一歩

歯並びが悪いと、しゃくれや出っ歯など見た目だけの問題ではありません。
開口の人は、鼻呼吸が上手に出来ない事が多く、口呼吸になってしまいます。
その場合、本来なら鼻の粘膜で菌などを防いでいるのに、ダイレクトで菌が体に入ってしまい、風邪など引きやすくなります。
またガタガタの歯並びだと磨けない部分が多く、ムシ歯や歯周病になりやすいため、全身疾患への影響も懸念されます。

歯周病についてはこちら

不正咬合の種類

※横にスクロールできます。

名称 説明
叢生
(そうせい)
でこぼこに生えた乱ぐい歯、犬歯が飛び出した八重歯のことを言います。顎に対して歯が大きい、または顎が小さすぎて歯がおさまらないことなどが原因です。
上顎前突
(じょうがくぜんとつ )
上の歯が出っ張っているいわゆる出っ歯です。
反対咬合
(はんたいこうごう)
一般的には受け口と言われ、上下の咬み合わせが逆になっている状態。
開咬
(かいこう)
奥歯で咬んでも前歯は咬んでおらず、上手く咬めない、また口が閉じにくい状態
空隙歯列
(くうげきしれつ)
歯の間の隙間が大きいすきっ歯。
 

矯正治療の症例紹介

抜歯しない矯正治療(咬合育成治療)ケース2

  • Before
  • After

常に口が閉まらず前歯が見えている状態から、抜歯する事なく咬合育成治療を行いました。

詳しくみる

非抜歯の小児矯正歯科の事例

  • Before
  • After

患者さんは、通法の矯正治療の診断では、小臼歯4本を抜歯となりますが、患者自身の成長を利用することで、23歳になった現在4本の歯を抜かずに機能的、審美的に、良好な歯列を獲得することができました。 現在も6ヶ月に1回のリコールで来院しています。 成長期の可能性を感じた症例です。

詳しくみる

抜歯しない矯正治療(咬合育成治療)

  • Before
  • After

上アゴは、非常に深く狭く、歯列もV字型歯列で、出っ歯で、 下の前歯が上アゴの歯肉と噛んでしまう状態から、抜歯することなく咬合育成治療を行いました。

詳しくみる

ページトップへ